疲労感を溜めないようにしよう

看護師として仕事をしている方は、「仕事に自信や誇りを持っている」という方が多いと思います。
「やりがいのある仕事だから、ずっと続けていきたい」
と考えている方も多いでしょう。
しかし、どんなに好きな仕事であっても、体力的、精神的に限界が近づいてくると、続けることが難しくなることがあります。

看護師の業務には様々な種類があり、業務時間内に多くの作業をこなします。そのため、業務時間が終わった段階で、既に疲れを感じることが多いでしょう。
しかし、そこから更に残業を余儀なくされることが少なくないのです。
「毎日残業をしている」という方も多いでしょうから、こういった残業続きの生活を続けていることで、かなり疲労が蓄積してしまう可能性があります。

残業続きによる疲労で体調不良になってしまったり、うつ病になってしまったりという方も少なくありません。
仕事が忙しいというのは良いことかもしれません。でも、一番大切なのは自分の健康です。忙しさのあまり自分の体や心を壊してしまってまで、続ける必要は無いのです。

何より、自分が健康でなければ看護師という激務は勤まりませんから、「疲れてきたなぁ」と感じた時は、しっかりと体や心を休めることが大切です。
休日はゆっくりと過ごしたり、心落ち着ける場所に出かけたりなどして、リフレッシュをしましょう。
若いうちは「疲れなんてなんとでもなる」と思っていても、歳をとってからどうにもならなくなることがあるので注意が必要です。
看護師は残業や不規則なシフトで疲労が貯まりやすい仕事なので、少しでも疲労を感じたら休める時に休むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です